35歳以上なら超ど真ん中にシックリくるハズ / REMI RELIEF(レミレリーフ)

 

僕の世代は

 

3高

 

「高学歴、高収入、高身長」

 

バブル期です

 

今は

 

3平

 

「平均的収入、平凡な外見、平穏な性格」

 

更には

 

3NO

 

「暴力をしない、借金をしない、浮気をしない」

 

だそうです

 

目立たず 無理せず 普通がいい

 

今のファッションもそうかしら?

 

こんにちは店長です

そうは言っても実際モテルのは

顔良し 金良し 性格良し スタイル良し

に決まってます・・・

 

 

えーと

今日は ちゃんとジャケットの下にカーデ着てきました

ソックスも長いヤツ

年齢と共に、すっかり寒さに弱くなりました

 

選挙行きましたか?

ドシャ降りだから メンドウ

ほら言ったじゃん

期日前に行ってきて、て。

 

東海地方も 朝から 本降り

明日までが警戒ですね

 

今日、明日は開店休業状態になるかな・・・

 

と開店前に書きつつ

蓋を開けてみれば 意外に 多くの御来店

 

「台風でゴルフ飛んだから着たわー」

「雨で予定潰れたから寄ってみたわー」

「店長、うるさいから着たわー」

 

理由は何であれ ありがとうございます

 

さて 本日は

「REMI RELIEF」レミ・レリーフです

当店 唯一のJAPAN BRAND としてオープン当初から君臨しております

REMI と luccicare は同じ年齢

なので お互い同じスタートでの出会いでした

 

当店、どカジュアルに関しては

オトナが着れる サーフカジュアルにしようと 最初から決めておりまして

その分野に関しましては JAPAN が頭一つ抜きに出てるだろうと。

 

なので REMI に関しては出会って即決

それくらい ドンピシャに刺さりました

 

それから10年

今や アメリカのセレクトとかでも 注目されるブランドとなり

同じスタートなのに luccicare はいまだ 田舎の弱小ショップ・・・

大きな差です

 

オーナーでデザイナーの後藤さんは 僕と同世代ですので

カジュアルとはいえ 自身が着られる物作りをしています

特に加工に関しては 妥協なく 世界最高峰といえる コダワリを詰め込んでおり

洋服を知り尽くした世代をも唸らせるコレクションは

当店のような 高い平均年齢 高い収入 のお客様にも絶大なる支持を得ています。

 

普段バリバリのイタリアクラシコ スタイルの方が

休日の何回かは REMI 着る、て人 意外に多いんですよ

たまに がっつりカジュアルしたい気持ちになるパターン?

あるある

そんな目利きの達人達にも 愛されてるブランドなんです

 

て事で 今日は REMI RELIEF の新作から ちらっとご紹介

 

REMI RELIEF ( レミレリーフ ) / ボア コーデュロイ 3rd ジャケット【ベージュ】

RAKUTEN / OFFICIAL

 

3rd型のGジャン

今季なら コーデュロイでしょ?

中は ボア

袖は中綿入り

 

昨日のお客様が ご試着早々に

「ビューティフルライフだね~」

「あ~確かに そんな感じだね~」

と 話してると

 

当店の若い女性スタッフは

「は?何それ?」

 

「ええええええっ 知らないのぉぉぉ」

て やりとり

 

ま、世代ギャップは 日常的なんですが

キムタク全盛期の このドラマを知らない?

 

調べてみたら 2000年の放送

17年前です

微妙といえば微妙かな・・・

 

この頃のキムタク

ドラマの役柄、ファッション、髪型

すべてが 当時のオトコ達に多大な影響を及ぼしてましたよね

 

今の若いイケメン俳優さんとは比にならない レベルでした

反町さん、竹野内さんの「ビーチボーイズ」も 1997年

 

そう考えると 当時の方が 確実にイケメンだと思うんですがね。

今は どちらかというと雰囲気イケメン な気がする

お前が 偉そうに語るな

と言われそうなので このへんで。

 

はい、戻りまして

「ビューティフルライフ」でキムタクが着ていたような アイテムです。

あくまでも 「ぽい」 てだけで実際着てたのは全然違いますがね。

 

17年前、て事は 35歳以上 は分かる

それより若い方は 単純に カッコイイじゃん

となる アイテムです

 

 

今、Tシャツに これ羽織って 丁度いいんじゃない?

徹底的に洗いこんだ細畝のコーデュロイは凄く柔らかくて着心地もバツグン

裏ボアのお陰で めちゃ温かいしね

もうすぐ50の僕にも刺さった1品です

 

 

続いて

 

REMI RELIEF ( レミレリーフ ) / ナチュラル加工 デニム ダウン ベスト

【ユースドブルー/ブルー】

RAKUTEN / OFFICIAL

 

REMI も、あまり定番商品て物は無いんですが

10年もやってると どうしても やらなきゃイカンモデルがあります

筆頭はデニムシャツ

当時は 日本ブランドで 3万もするデニムシャツ 売れへんわ

と言われて 登場したデニムシャツ

 

あっという間に 日本中で 完売

追加しても 追加しても足りない

なんて モデル

お客様の見る目は凄いな

と関心した事を覚えています

 

そんなデニムシャツ

今でも進化しながら定番モデルとして君臨しています

 

他に、無地Tや綿パン、パーカーなど 定番モデルはいくつかありますが

このデニムダウンベスト

これも やめる訳にはいかないアイテムです

 

このインディゴダウンは レザーバージョンもあります

まだ未入荷ですが・・

 

加工感、色合い、バランス感

永久保存版的な 完成度の高いアイテムです

 

当店で 購入されたお客様も 長く使って頂いており

「いつ着ても鮮度が落ちないわ」

と 皆様 高評価

 

 

裏地は 年によって変わる事もあります

このバンダナ柄が定番

チラッと見え隠れする感じも いい感じ

釦も 定番のコンチョ

衿裏は コーデュロイ

 

 

ファスナーも もちろん定番の REMI スタイル

脇裾で ぎゅっと絞れるアジャスター釦付き

 

休日には アメカジ系?サーフ系?

そんな 方には 絶対に1着押さえて置くべき名品です

 

 

REMI RELIEF ( レミレリーフ ) / ウール クルーネック 畦ニット

【オフホワイト/グレー/レッド/ブラック】

RAKUTEN / OFFICIAL

 

ズッシリ 目付けの良いミドルゲージの クルーニットです

だらんと ゆるっと 羽織ってね

て感じ

ちょっとオーバーサイズで着るのも 今っぽいかな

かなり温かなので しばらくは コレ1枚で 十分

 

さむーくなったら インディゴダウン

これで年越せます

 

ちょっとね ネック部分が高さあるでしょ?

モックネックまではいかないけど

クルーにしては 高め

ちょい せりあがった感じが絶妙に 良くない?

僕には結構刺さるポイントでした

「お、これ丁度いいじゃん」

 

僕ね

実はね

モックネック嫌いなの

流行ってるから 言いづらいけどさ

僕が着ると 野球部みたい・・

 

子供の頃もハイネックブームありました

どうしても似合わない気がしてさ

それ以来 好みじゃないんです

 

なので これくらいの ちょいコダワッタ感じが好き

 

 

袖口は 通常は折り曲げて

焼き芋焼くときは 袖口伸ばすと親指だけ通す系の手袋代わりになります

ちょいとした防寒にはなるね

 

僕的には このピンク系

REMI で言うところのレッドが いい

 

一見 何でもない風なニットですが 意外に?イイ感じです

 

 

REMI RELIEF ( レミレリーフ ) / ナイロン アノラック レーザーカット ジャケット

【ブラック】

RAKUTEN / OFFICIAL

 

ぺらぺらな ナイロンの裏無し1枚もの

アノラックです

かぶりのパーカーは嫌い

て方も多いかと思います

 

歳とって 腕が上がらん

髪型が崩れる

何かメンドウ

 

などなど

 

確かに理解できますので 嫌いな方はスルーして

 

ただ、かぶり物 だからこそ出せるシルエット、てあるんですよね

それを体感できる商品だと思います

僕も、かぶるタイプはあまり 好きなほうではないんですが

これは 着た瞬間に 「ええね」 でした

何ともバランスがいい

 

フロントのファスナーは オナカくらいまで開くので

脱ぎ着で髪型が崩れる心配は とりあえずクリアしますしね。

 

バランスの良い着用感はもちろんですが

大きな特徴は

 

 

このね

袖口と裾に配した ビラビラ

レーザーカットの技術です

 

ブラックなので ぱっと見では気付かれない

それがイイ

よく見りゃ おもしろいデザイン

オトナの遊び心を刺激する ギミックです

 

 

てな感じで 今季の「REMI RELIEF」も コダワリ抜いたコレクションです

たまには こんなカジュアルスタイルもいいな

て思う時あるでしょ?

そんな日用に いかが?

 

 

そろそろ 店の周りに 土嚢でも準備するかな

では また明日、営業出来たら更新するね

 

ciao

ciao

 

 

 

 


カテゴリー: REMI RELIEF / レミレリーフ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です