オトナシクなっても 溢れるオーラは隠せません / GABRIELE PASINI(ガブリエレパジーニ)

 

先日、仕事終わって

 

即効で映画館へ

 

久しぶりのレイトショー

 

久しぶりの1人で映画

 

絶対見たかった

 

でも 付き合ってくれる人は居ない映画

 

そう

 

「アウトレイジ 最終章」

 

たけしさんが 老いただの

 

西田さんが 病み上がりすぎだの

 

前2作よりも 迫力がないなど

 

酷評も 見られますが

 

僕は大満足でした

 

最初から最後まで

 

「バカヤロー、コノヤロー」

 

の連発

 

こんにちは 店長です

 

さて 今日は

「IKEA 長久手」のオープン

やっと東海地区に進出です

凄い混雑になりそう

しばらくは行かないかな

ま、いまさら 急いで行く理由もないし・・・

 

あ、あと 名古屋の丸栄

ついに閉めるらしいです

あの近辺の再開発?

ホテルと商業施設とマンションと合体したような

流行りの大型施設に生まれ変わるそうです

名古屋駅周辺もそうですが栄地区もいろいろ 変わりそうですね。

盛り上がるなら いいんですがね。

 

はい、今日も暑い

暑過ぎる

シャツとジャケット姿ですが

10月なのに汗かいてます・・・

そして明日からは暫く雨続きの天気予報

嫌ですねぇ

今週末は天気悪いだろうから 店で待ってますね

 

本日は ガブちゃん

「GABRIELE PASINI」 です

世の流れも手伝って

以前のようなイケイケ 派手派手なものは無く

とてもシックなコレクションになったイメージです。

ただ、前みたいなイケイケだからこその G.Pasini じゃん

おとなしくなったら 個性死んじゃうじゃん

て方もおみえでしょう

でも仕方ない

オトナだし ビジネスだし 流れだし

いろいろ事情があるだろうと思います

 

とはいえ

そうは言っても ちゃんと

「らしさ」 は感じます

他にはない 「らしさ」

生地コレクションは 大人しくなっても

オーラは 溢れてます

だから 僕らも続けてます

わざわざ ミラノのショールームで 全コレクション見て

オーダーしてます。

ま、「LARDINI」のショールームと同じ場所なので手間は無いですが・・・

 

今季もエエ感じですので ご紹介しますね

 

G.Pasini ( ガブリエレ パジーニ ) / ウール ピークドラペル

3B段返りシングル ジャケット【ネイビー】

RAKUTEN / OFFICIAL

 

ネイビージャケット

ふっとい ストライプの織り柄

近くで見ると一見、派手か?

とも思える生地ですが

袖を通してみると

全然 派手じゃない事に気付くハズ

いや 逆に地味なのでは?

 

ネイビーのトーン違いで織られた柄ですし

遠めでは驚くほどシックです

 

そして ピークドラペルであるという事

これは今季オススメのディティール

この衿型だからといって派手にはならんですし

普通にビジネスシーンでお召し頂ける範囲かと。

分かる人には分かる

それくらいの コダワリが丁度いい

 

衿のピンバッチを外せば あっさり普通に着られます

 

 

ヘリンボーン柄に 濃淡でストライプ柄を表現してます

近くで見ると 派手そうなんですがね

ばちこーんと 白のストライプが乗ってるものより はるかに地味です。

また 生地が凄く柔らかで 軽い

春先も着られますね

触って 着てみて 上質感を理解出来ます

ありそうで 無い

そんな素材使いが 「G.Pasini」のウマサです

 

 

G.Pasini ( ガブリエレ パジーニ ) / ウール ストライプ

ピークドラペルジャケット【ネイビー】

RAKUTEN / OFFICIAL

 

先程と同じモデルです

ピークドラペルね

生地がもっと 肉厚な温かウール

今はまだ着れないです

でも冬は こんなジャケット着ちゃうな

て1品

 

何ストライプ、て言うんだろうか・・

面積的には ほぼ無地ですが

十分に主張するストライプです

でもさ これも派手じゃないよね

 

どんな柄ですか?

と聞かれたら

ネイビー地に赤の太いストライプです

そう聞くと

派手そやなぁ

ですもんね

 

でも見ると こんなに大人しい

 

着てみると更に 大人しい

でも

「らしさ」 あるでしょ?

 

 

そして このストライプ

こんな刺し子刺繍みたいな 感じなんです

優しい~感じ

コートみたいな 紡毛ウール

温かです

 

 

最後は スーツ

 

G.Pasini ( ガブリエレ パジーニ ) / グレンチェックオーバーペン柄

3B 段返り スリーピース ワンプリーツ スーツ【ブラウン】

RAKUTEN / OFFICIAL

 

「らしさ」を1番感じられるのが こちらのスーツです

 

スリーピースで

ブラウン系で

グレンチェックで

チェンジポケット付きで

ジレはダブルで

スラックスはワンプリーツで

イマドキ感が満載

そして「G.Pasini」 のオーラも溢れまくり

 

とにかく

色柄と バランスが凄くイイ

 

 

黒いシャツなんか着てるもんだから

アウトレイジ みたい・・・

コーデに問題ありですね

 

普通に白シャツに脳内変換してご覧いただければ幸いです。

この、お馴染みショールカラーのダブルジレ

上着を脱いだ際も、上着越しにチラッと見える雰囲気も

かっこ良し

他にない 「らしさ」 です

 

 

ワンプリーツ仕様です

スーツのプリーツ入りは すんなり皆さん受け入れてくれてます

不思議なもんです

このパンツは ジレ同様に 単品使いも出来そうですね

とはいえスリーピースで着るからこそ威力を発揮しますし

パンツが1番消耗するので 単品使いはオススメしません。

 

そういえばさ

日本には ツーパンツスーツてあるよね

パンツが先に痛むから

上衣はまだ痛んでないのに パンツが破れたから捨てるのはもったいない

て発想から生まれたんでしょうね

凄くない?

 

毎日同じスーツを着て

更に自転車とか乗って

炎天下で1日、歩き走り回って

と酷使する営業職の方だと

パンツが破れちゃうんだよね?

 

日本は上衣を脱いでるシーンも多いだろうから

上は全然痛まない、てのはわかるけど・・・

 

大手紳士服店ですと ツーパンツスーツ

凄く売れるそうです

無くてはならない商品だと聞きます。

 

当店で

「替えパンツ付きは無いの?」

て聞かれた事は無いですが

そんなに 痛むのかなぁ

 

今度 アオキとか青山行って聞いてみよう

うん

 

すみません

今季の「GABRIELE PASINI」

すばらしい出来です

という事です

 

ではまたね

 

ciao

ciao

 

 

 


カテゴリー: G.Pasini, 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です